絵がなくても迷わないオンナ

僕は小さい内からやっと行ったまわりも「コチラ…どこ?」と面食らうことはありません。今は携帯電話でマップを確認することができませんが、薄い場合でも駅前などに起きるマップやゾーンリクエストだけで目的地に到着することができます。僕はそれだけでなく、取り敢えず行ったまわりであれば絶対に戸惑うことはありません。とくに意識をしていませんが、内面で通りがビデオとして録画されているようで、思い出すだけでいつのパッケージに、いつの放物線に業者やどういうマイホームがあるか思いだすことができます。過去、周遊でN.Y.に出向く機会がありましたがマップは持っていても、主として探ることはしませんでした。N.Y.は京都と同じようにパッケージが碁盤の目のようになってあり、わかりやすいこともありますが、パッケージにおけるゾーンリクエストだけを見定めるだけで自分がどこにいるのか、どこへ向かえばいいか手に取るようにわかりました。そうして、くれぐれも同じN.Y.に出向くことがありましたが、その時には完全にマップが頭に入ってしまったのか、どうしても場所に住んでいらっしゃる人のように歩くことができました。女性はマップが読めないと言われていますが、私だけ(?)はどこに行っても戸惑うことはありませn。カードローン金利