すらっと読める難読漢字。漢検1級を取得して。

自分が、得意な仕業それは、漢字です。漢字と言っても、漢文とか漢詩ではないです。漢字検定のことです。自分は、漢検1級を取得している。漢検1級というと、明らかに見たこともないような漢字がずらずらといった出題されていて、訳が分からないことが多いと思います。ただし、そんな漢字が好きであり、そうして何よりも漢字を幅広く覚えて、人間よりも読める書けるモットーが多いことは何より、私の自慢です。漢字が得意なこともあり、利益したことというと、心地付か漢字が出てきて、スマホや辞典を開いて探る事がなく、即答くださることが断然、利益したことです。その他にも、読み物やマスメディア、新聞、地名も、日々で使用する事が酷い漢字も、すらっと読めることが出来るのは、案の定役に立っています。ただ、日々でそれほど扱う次元が短いこともあるデータ、なかなか、漢字が得意であることを知ってもらうことは恐ろしいのも一つです。でも、何気ない一目で、漢字が得意であることを発揮した一瞬はうれしいものがあります。キーワードとの付き合いが、あるからこそ漢字を、行き渡り続けたいです。銀座カラー 口コミ